BEAUTYStory

GP and goop Staffers on Feeling Good
in Your Own Skin

GP & goopスタッフの 潤いボディの秘訣

グウィネス・パルトロー(以下GP)とgoopチームがボディバターの開発を始めた時に、自分たちの身体を愛し、感謝することがどんなに大切かがわかりました。エピジェネティクス(ライフスタイルと遺伝子の関係の研究)の視点から見ても自分の身体を愛することは大きな意味があるのです。「欠点に目が行きがちな私たちが自分の美しさを認め、大切に愛することは大きな力と可能性を秘めているし、なによりも先進的でしょ?」とGP。【愛する自分の体に、そして肌にとって心地良いアイテムを作る】これがボディバター誕生のきっかけでした。
「そして完成したのがこれ!」GPは笑顔で完成したボディバターを手に語ります。濃厚、リッチでクリーミーなテクスチャー。シトラスのほのかな香り。贅沢な使い心地。「本当に素晴らしいアイテムだから、毎日欠かさず使っているわ。全身の肌にミラクルが起こるとあなたに約束する。あなたもこのボディバターの虜になるはずよ。」

実際に、GOOPGENESボディバターの臨床及び消費者テストは、フェイスクリームとも思えるような結果を示しています。1回の使用後、100%の被験者が著しく肌が潤ったと感じています。4週間の使用後、93%が「ハリがあり、栄養分で満ちた滑らかな肌になった」と感じ、91%が「エイジングサインが最小限に抑えられている」との報告がありました(特に最後のコメントは私たちも強く同感)。

ポイントはこれらの効能を持ちながら「クリーン」であるということ。GPによると、「ボディクリームは身体の広い範囲に直接つけるもの。肌は驚くほど吸収力が高いので、有害だと思われる成分は肌につけたくないの。クリーンであることが絶対条件。結果として、クリーンであり、使用感はリッチでさらに効果を実感できるアイテムに出来たので、感動的でした。」
開発当時の会話は、今でもgoopチームの話題に。
自分の身体のどんなところが好きか?チャームポイントは?身体に感謝していることは?
これはセルフケアやセルフラブ(自分を愛すること)につながっています。

ボディーバターを肌に塗ることが、セルフケアやセルフトーク、セルフラブをすることになり、自分を安心させたり、いたわれるようになるかもしれません。

6人のスタッフにボディバターと身体について聞いてみました。

「ボディバターを使用した後の違いに驚きました。
1日中全身を潤いで包み、ハリのある肌をキープしてくれます。」

—NOORA RAJ BROWN, SVP OF COMMUNICATIONS AND BRAND MARKETING
自分の身体の好きなパーツは脚。でも、乾燥がひどくていくつか傷跡があります。このボディバターはそれら全てを滑らかにカモフラージュしてくれるから、肌がとてもきれいに見えるし、しなやかでシルキーな感触に。私は保湿フリークなので、1日に2回使用しています。使用感が心地良く、香りにも癒されて、何より塗った後のこの肌が大好き。すっぴんのまま大好きな人とただ共に過ごす時間が幸せ。一年中ブラウンの肌色も気に入ってる(日焼けしている方が自分は美しいと思っている友達もいるから)。

「このボディバターほど潤いで満たしてくれるクリーンなボディバターは存在しません。
香りも大好きで、全身に使っています。」

—ANJELICA RIVERA, SENIOR RETOUCHER
シャワーを浴びてすぐ、このボディバターを馴染ませます。アーシー(大地を思わせる香り)でわずかにシトラスの香りもして、とても落ち着きます。全身に使っています。ハンドクリームとしても利用するほど。潤った肌で、サウンドバスをして、心も身体も深くリラックスしている時の心地良さは極上です。私の身体のお気に入りポイントはおなかにあるそばかす、髪の色!それと、体内時計がしっかり働いてくれるのでテクノロジーに頼る必要がないのも誇れるところ。私に嘘をつかないでいてくれるこの身体が愛おしく、私のベストフレンド。

「濃厚で、しっかり保湿してくれて、とてもいい香り。
滑らかに肌に馴染みます。少量でよく伸びるから。」

—MELISSA TORRES, RECRUITING AND PEOPLE OPS COORDINATOR
毎朝シャワーを浴びた後にこのボディバターを使うのがお気に入り。今、LAは暑くて乾燥しているけれど、肌が乾燥していると全く感じないのはすごいこと。私は脚に使うのが好きで、特に乾燥しやすい膝やくるぶしの辺りにしっかりと馴染ませています。後は、肩に使うのも好き。塗った後の肌のテクスチャーが美しく見えるから。自分の身体の一番好きな部分は、丈夫で健康であること。以前に比べてはるかに柔軟になったことも誇りに思ってる。一番心地良く感じるのは、ビーチで日光浴をしている時。

「私は自分の肌の色がすごく好き。ブラウンは美しい色だと思う。
そして、このボディバターでマッサージした後の肌は本当にキレイに見えるの。」

—IYANA STEWART, SOCIAL MEDIA COORDINATOR
朝と夜、このボディバターを使っています。最高に柔らかく滑らかな潤った肌に導いてくれる。フレッシュでクリーンな香りも気に入ってる。特に脚に馴染ませるのが好き。私は身長が低めだけど、脚が長いおかげで実際より身長が高く見えるの。健康でしっかり働いてくれる身体にとても感謝しています。誰しもがそうではないから。

「超クリーミー、そして肌に溶け込むように馴染む感じ。
もうこのボディバターなしでは生きられない!」

—OLIVIA ROBINSON, SOCIAL MEDIA STRATEGIST
私はかなりの乾燥肌なので、毎日シャワーを浴びた後、全身にボディバターを塗っています。クリーミーなのにべたつきません(よく馴染みます)。脚は私の身体の中で一番長くて強いパーツ。いつも自分の身体能力に驚かされるし、身体が強いことにとても感謝しています。ワークアウトの後は、エネルギーと自信で満ち溢れて、最高の気分になります。汗をかくのが大好き。

「ホイップのようなテクスチャー。濃厚なのに簡単に肌に馴染むところがお気に入りポイント。
今では心地良さを重視するようになったけれど、まさにこのボディバターの使い心地は最高。」

—ELISE LOEHNEN, CHIEF CONTENT OFFICER
このボディバターは、肌にすぐ浸透してくれるからとてもいい!私はせっかちだから、ローションやサンスクリーンをしっかり馴染ませるのがどうも苦手で。サンスクリーンに関しては、未だに肌に浸透するまで真っ白な顔で歩き回ってるほど。

コロナウィルスの思いがけない影響は、おそらく人生で初めて自分の身体を受け入れられるようになったこと。また、健康で強い身体にはとても感謝しています。先日、大学時代の写真を見返していたのですが「あぁ、この頃の私、可愛かったのに、自分の身体の欠点ばかりに目を向けていたな」となかば反省。でもそう感じるのは私だけじゃないと思う。私は人生を通して自分の身体のこととなると、とても極端にジャッジしていました。ショート丈のパンツは、まるで太った子供みたいに見えるら履かなかった。コロナになってからは、「人生一度きりでしょ?楽しんだ方が良くない?どう思われたっていいじゃない!」そう思えるようになりました。そして、見た目よりも、心地良くあることを重視するようにもなりました。




※本記事は下記の元記事をベースに作成しています。
https://goop.com/beauty/skin/new-goopgenes-body-butter-review/

News letter

最新のウェルネス情報や新着アイテムの情報をお届けします。

Related Story