FOOD & HOMEStory

Turkey Ragu

ターキー・ラグー

このレシピでは、じっくりと調理することで、フレーバーが何層にも折り重なるような深みのある味わいに仕上げます。しっかりとコクがあり満足感十分のため、牛肉じゃないと物足りない...なんて感じることはありません! 冷蔵庫で保存可能です。

【TIPS】
サンマルツァーノのトマト缶がおススメ。

材料(4人分)

ターキーひき肉              1ポンド(約450g)
(オーガニック、放し飼い、ライト&ダークミート*¹もしくはダークミート)

トマト缶(イタリアンプラムトマト)    1缶(15oz)
トマト缶(イタリアンカットトマト)    1缶(15oz)
にんじん(大)(さいの目切り)      1本       
玉ねぎ(大)(さいの目切り)       2個(中サイズだったら3個)
にんにく(みじん切り)          4片
赤ワイン                 1カップ
※US規格の1カップ=約240㎖を使用しています。

ローズマリー               2本
フェンネルシード             小さじ1
オリーブオイル              お好みで適量     
レッドペッパーフレーク          一つまみ
(赤唐辛子を刻んだもの)
塩コショウ                適量

*¹ライトミート・・・火を通すと白っぽくなる、ムネやササミなどの部位
ダークミート・・・火を通すと色が濃くなる、モモなどの部位

作り方

1. 大きめの鍋にオリーブオイルをたっぷり(お好みですが、目安は大さじ1~2前後)入れて、中火にかけます。

2. にんじん、玉ねぎ、にんにくを加えて柔らかくなるまで(約10分)火を通します。

3. レッドペッパーフレークとすり潰したフェンネルシードも加えます。
(ちなみに、日本では手に入りにくいのですが、ジェイミー・オリバーが作ったスパイス用すり鉢はとっても優秀でおススメ)

4. 3を炒めている間に別のフライパンを中火にかけ、オリーブオイルとターキーひき肉を加え、ローズマリーを入れます。 肉に濃い茶色の焼き目がついたら、3の鍋に加えます。

5. コショウと塩(私はフルールドセル、特にエルブ・ド・プロヴァンス(プロバンス地方で使われている様々なハーブをミックスしたもの)と混ぜたものが好きです)で味付けし、よく混ぜ合わせます。

6. トマト缶を加えて沸騰させたら、赤ワインを加えます(料理に使うとはいえ、あまりにもチープなワインはNG。良いワインは良いソースになります!)。

7. 数分間煮立ててから火を弱め、隙間を残して蓋をし、2.5~3時間ほどゆっくりじっくり煮込みます。頻繁にかき混ぜてください。
 
8. ソースが出来上がったら、茹でたてのリガトーニとともにお皿に盛り付け、挽きたてのパルミジャーノチーズを振りかけたら完成。

News letter

最新のウェルネス情報や新着アイテムの情報をお届けします。

Related Story