STYLEStory

Our 2022 Style Resolutions

たとえば、シックスパックに割れた腹筋や30日間の禁酒チャレンジを達成するのとは違って、理想のワードローブを考えるのはお楽しみの時間ですよね。目に入ったもの全てを購入してしまうのではなく、2022年を彩るエッセンシャルアイテムだけを手に入れるためのルールを、ご紹介します。

1. GO ALL IN ON JOY

そのアイテムがあなたを笑顔にするならカートに追加!

新しい年を迎えた今、より多くのカラーを取り入れ、プリントで遊び、子猫のように柔らかなセーターに身をうずめてみては?さらに遊び心溢れるジュエリー 〜バタフライのスタッドピアスや宝石が輝くリング〜 は毎日楽しめますよ。

2. INVEST IN THE CLASSICS

流行にとらわれないデニム、ニュートラルカラーのニット、時を超えてなお色褪せることのないシャイニーなゴールドのリングネックレスetc… クラッシックなアイテムを新調するのは、グッドアイディアです。また他にも、生涯使える、もしくは将来、次の世代があなたに譲ってほしいと懇願するようなデザイナーバッグ(黒以外でニュートラルカラーの)もgood!

3. TRY SOMETHING NEWISH

ファッションで冒険するのは、「いつものスタイルを捨てること」ではありません。
あなたにとって新鮮な価値観をスタイルに取り入れたら、新たな自分が生まれるのです。

以下に、goopファッションチームのスタッフが2022年にトライしているちょっとしたシフトチェンジをご紹介します。

  1. “私はセーターが大好きですが、最近、手持ちのアイテムがちょっと退屈になってきて。(全てニュートラルなソリッドカラーのアイテム)でも、柄もののアイテムを織り交ぜたら、今までよりちょっぴりエキサイティングな自分自身を感じられるように。しかも、このクリーム色とグレーの組み合わせは、私が既に持っている全てのアイテムに合うの。” —Ali Pew, fashion director

    G. Label Meg Argyle Sweater
    G. Label Meg Argyle Sweater goop, $625
    参考商品
  2. “私は新しいニーハイブーツに思いを寄せています。私のお気に入りのワードローブを一新してくれて、エンドレスにスタイリングのアイディアが浮かぶような靴が好き。LAは生足でも問題ない気候だから、こちらのニーハイをミニスカートや小ぶりのピーコートと合わせるつもりだけれど、寒い日にはスキニーパンツをブーツインして、新鮮なジョッキーのようなフィーリングを楽しむつもり。” —Roxanne Marie, buying director, fashion and home

    Legres boots
    Legres boots goop, $885
    参考商品
  3. “以前は異なる素材のジュエリーをミックスするコーディネートに抵抗があったんです。ある時、いくつかあるピアスホールにYGとWGのピアスを交互に着けてみたところ、素敵だったのでそんなミックスするスタイルが、ピアスからリング、そしてブレスレットへと波及していきました。今、WGのチェーンブレスレットをヴィンテージゴールドの時計と合わせてしています。遊び心があるモダンなスタイル。” —Sarah Rose, senior stylist

    Nancy Newberg bangle
    Nancy Newberg bangle goop, $3,800
    参考商品
  4. “今年結婚します。結婚式の計画の中でも一番楽しいのが衣装を考えること。考えた末、ドラマチックなシルエットのドレスを着ることに決めました。自分のウェディングで着なかったら、いつ着るの?ですよね!” —Olivia Nathanson, senior buyer, fashion

    Khaite dress
    Khaite dress goop, $1,180
    参考商品

4. WORK SMARTER, NOT HARDER

しっかりプレスされたパンツスーツと3インチのパンプス...の時代はもう過ぎ去りました。
リモートワーク、フレックススケジュールがノーマルとなった今、
堅苦しいビジネス服は引退する時が来ました。

What to Wear…

FOR THE OCCASIONAL CLIENT DINNER
クライアントとディナー

まずは、ペンシルスカートをフレアなシルエットにシフト。シルクのキャミソール、バルーンスリーブのセーター、
レディライクなバッグとバランスをとってくれるハンサムなブロックヒールのブーツを合わせて。
  1. G. LABEL Deven Link Necklace
  2. mara-hoffman-olla-sweater
  3. G. LABEL Kerith Thin-Strap Camisole
  4. G. LABEL Elliott Circle Skirt
  5. GABRIELA HEARST BAG
  6. CHLOÉ BOOTS

FOR AN EARLY MEETING AT THE OFFICE
オフィスでのミーティング

ビビットカラーのニットをブラウスに重ねて、ボトムスにはダメージの入っていないジーンズ(結局のところ職場なので)を。
ランチに行く時、ノートパソコンをスッと入れられるトートをお供に。
  1. GANNI COAT
  2. G. LABEL Valenzuela Cable Knit SWEATER
  3. ALEX MILL SHIRT
  4. CITIZENS OF HUMANITY JEANS
  5. RUE DE VERNEUIL tote
  6. GUCCI LOAFER

WHEN ZOOMING FROM THE COUCH
自宅のソファでZoomミーティング

柔らかなウールのワイドレッグパンツは、あなたの着古したスウェットにも勝る着心地の良さ。
深いVネックのセーターの首元には、チェーンネックレスなどお気に入りのジュエリーを合わせて。
カメラをオンにする準備は?ばっちりですね!
  1. PRASI FINE JEWELRY NECKLACE,
  2. G. Label Sydney Floating-Diamond Pinkie Ring
  3. KHAITE SWEATER
  4. G. Label JOEY SWEATER PANTS
  5. staud-perry-hobo-tote
  6. staud LOAFER

5. PLAN AHEAD

雪が降る時期に夏へ向けた買い物をするのは、サイバーウィークエンド*に年末の買い物を終わらせるかのようで、時期尚早に感じるかもしれませんが、最高の夏にするための戦略です。水着、サンドレス、レザーのサンダルetc…素敵なアイテムはすぐに姿を消してしまうから、今のうちにカートへ追加して。

*米国の感謝祭(11月第4木曜日)の翌日から始まる伝統的なホリデーショッピング期間

※本記事は下記の元記事をベースに作成しています。
https://goop.com/style/outfitting-ideas/2022-fashion-trends/

News letter

最新のウェルネス情報や新着アイテムの情報をお届けします。

Related Story